【記事コンテンツお助け調査キャンペーン】を開始

2017/10/26

出版社・ウェブメディアの編集企画を助ける!
530万人以上を対象に独自調査を無料で実施、提供する
【記事コンテンツお助け調査キャンペーン】を開始


株式会社モニタス(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 秀紀)は、出版社やウェブメディアを運用されている編集部を対象に、記事コンテンツのための独自調査を無料で実施、提供する「記事コンテンツお助け調査キャンペーン」を期間限定で実施いたしますので、お知らせします。
モニタスが保有する530万人以上のモニター(有効回答数1000人程度)を対象に、記事に利用できる調査を、無料で毎月先着5メディアに対して提供します。調査結果を使った記事にモニタスの名前を入れていただければ費用は一切発生いたしません。調査結果は約1週間でお届けします。

お問い合わせ/お申込み:https://www.monitas.co.jp/contact.html

<キャンペーン概要>
【キャンペーン名】記事コンテンツお助け調査キャンペーン
【キャンペーン期間】2017年11月1日 10:00受付開始/2017年12月28日17:00受付終了
【対象企業】メディアを運営されている法人、編集部
【応募方法】モニタスHP 問い合わせページ 広報部宛
https://www.monitas.co.jp/contact.html

<キャンペーン内容>
■調査対象人数:530万人(有効回答1000人程度)
■設問数:5問まで
 ‐上記以外に性別/年齢/47都道府県は自動でついてきます。
 -性別/年齢/47都道府県以外の対象者の指定は不可となります。
■納品期日:企画確定から5営業日後、ファイル納品
■納品データ:ローデータ・クロス集計(全体集計含む)のエクセルファイル
■条件:
(1)調査内容の記事掲載(掲載方法は、各メディア様にお任せいたします。)
(2)クレジット表記「データ提供:株式会社モニタス」
■応募方法:HP 問い合わせフォーム (https://www.monitas.co.jp/contact.html

<ご注意事項>
以下に該当する調査内容はお断りさせていただきます。

・性的な(または連想させる)表現や未成年者に対する配慮に欠ける設問内容
・お金(相当)や物に限らず、何かがもらえることを想起させるような文言のタイトルや設問内容
・政治・わいせつまたは、過度に暴力的と認められる設問内容
(詳細はお問い合わせください。)


<過去の導入事例>
■クライアント:株式会社 太田出版(代表:岡 聡)
■メディア名:雑誌 ケトル(http://www.ohtabooks.com/publish/kettle/
■コンテンツ内容:連載/日本一どうでもいいデータ「vol.3 男と女どっちが人生楽しいと思う?」
■調査概要:
お題「男と女、どっちが人生正しいのか?」
調査対象:全国10~60代の男女1003人(男性506人/女性497人)


【会社概要】
会社名:株式会社モニタス
代表者:代表取締役社長 林 秀紀
所在地:〒105-0011 東京都港区芝公園1-3-8 苔香園ビル6F
TEL:03-5776-2821 (代表)
FAX:03-5776-2822
URL:https://www.monitas.co.jp
E-Mail:info@monitas.jp
事業内容:モニターアライアンス事業/マーケティング事業/グローバル事業

【本件に関するお問い合わせ】
会社名:株式会社モニタス
担当者:広報部 古賀/宗田
TEL:03-5776-2821
FAX:03-5776-2822
URL:https://www.monitas.co.jp/contact.html

本リリースのPDF版はこちらからご覧になれます。
PDF版:記事コンテンツお助け調査キャンペーン

ページトップ