2017年上半期で印象に残ったニュースランキング発表!

2017/08/17

10位中7件が政治問題、選挙や不祥事に関心が集まる
〜1位は「森友学園問題」12.8% / 2位は「小林麻央さん逝去」11.4%〜
<モニターズモニター15歳~69歳男女への意識調査>


■主な調査結果■

  • ●1位 森友学園/加計学園問題 12.8%
  • ●2位 小林麻央さん逝去 11.4%
  • ●3位 北朝鮮問題・ミサイル
  • ●4位 藤井聡太四段の快進撃
  • ●5位 トランプ大統領就任・発言

調査概要

調査方法 :インターネットリサーチ
調査対象者:15歳~69歳男女(モニタス「モニターズ」モニター)
有効回答数:1004名
▽サンプル構成
総務省統計局の人口構成比率に合わせ割り当て
調査時期 :2017年7月4日(火)~2017年7月5日(水)


トランプ大統領就任、共謀罪の話題も含めると政治関連ニュースが10本中7本に

【2017年上半期 印象に残ったニュースランキング】
Q. 2017年上半期(1月~6月)を振り返って、印象に残っているニュースをお書きください。[自由回答]

ランキング上位に政治関連のニュースが7本もランクインしました。メジャーリーガー青木宣親選手の日米通算2000本安打達成や堀北真希さんの引退など、芸能やスポーツでも大きなニュースがありましたが、それらを抑えてのランクインとなりました。

1位はいまだにニュースを賑わし続けている森友学園&加計学園問題。与党も野党も決め手に欠ける答弁を続けるなか、しっかりとした真実が出てくるのか、下半期も引き続き話題になりそうです。3位の北朝鮮問題、トランプ大統領就任のニュースも大きく報道され、国内ではかなりの議論を呼んでいます。

その中で、政治関連以外で印象に残ったニュースとなるのが、「小林麻央さん逝去」と「藤井聡太四段の快進撃」でした。市川海老蔵さんの悲痛な会見は記憶に新しく、がん治療に関する議論も巻き起こりました。また、最年少のプロ棋士・藤井四段の29連勝のニュースには日本中が賞賛を送りました。


◇本件に関するお問い合わせ先◇
株式会社モニタス 広報担当:古賀・久米
TEL:03-5776-2821 / FAX:03-5776-2822
E-mail:press@monitas.co.jp

本リリースのPDF版はこちらからご覧になれます。
PDF版:2017年上半期で印象に残ったニュースランキング発表!

ページトップ