モニタス、「利用実態調査 ビジネスチャットツール編」を発表

2022/05/20

アンケートモニター約2,000万人を活用したマーケティング支援ビジネスを展開する株式会社モニタス(本社:東京都港区、代表取締役社長:林秀紀)は、全国20~64歳男女の会社員2,836名を対象に実施した「利用実態調査 ビジネスチャットツール編」の結果をご報告いたします。
この度、「Collector」を活用し、全国20~64歳の会社員2,836名を対象に実施した「利用実態調査 ビジネスチャットツール編」の結果をご報告いたします。


調査結果についてのお問い合わせは以下からお問い合わせください。
【お問い合わせ】 https://monitas.co.jp/contact.html


ビジネスチャットツールの利用率はどれくらい?

全国の会社員に聞いたビジネスチャットツールの認知・利用状況について、認知率54.7%、利用経験率40.1%、現在利用率38.6%という結果に。
会社員の約5割がいずれかのビジネスチャットツールを認知し、約4割はいずれかのツールを利用していることがわかります。
これらのツールはコロナ禍もあいまってか急速に浸透してきているように思える一方、未だおよそ2人に1人はいずれのツールも認知していない現状となっています。


ビジネスチャットツール全体の認知・利用状況

ビジネスチャットツールといえばどのツール?

では、実際にはどんなビジネスチャットツール認知されているのでしょうか。認知率上位から「LINE WORKS」37.1%、「Microsoft Teams」32.7%、「Chatwork」16.8%が続いています。上位には有名企業名を冠したツールがランクインしています。
最も認知率の高い「LINE WORKS」でも約6割の人に知られていない状況であり、新規開拓の余地が広くあることがわかります。

【ビジネスチャットツール 認知率ランキング】

ビジネスチャットツールの浸透状況は?

ここでは認知率TOP2ツールの浸透状況についてみていきます。「LINE WORKS」は認知率37.1%、利用経験率10.9%、現在利用率10.1%。「Microsoft Teams」は認知率32.7%、利用経験率20.4%、現在利用率20.0%。
これらを比較すると、認知率では「LINE WORKS」が「Microsoft Teams」をやや上回るものの、利用経験・現在利用においては、「Microsoft Teams」が「LINE WORKS」を10ポイント程度上回っていることがわかります。

【チャットツールの利用構造比較 ※認知率上位ツール抜粋】

従業員数の多い企業で使われているチャットツールは?

従業員数 1,000 名以上の企業に属する人に聞いたチャットツールごとの利用率では、上位から「Microsoft Teams」21.4%、「LINE WORKS」10.3%、「Workplace」4.0%。従業員数の多い企業ではダントツで「Microsoft Teams」の利用率が高い結果となりました。

【ツール別利用率ランキング 従業員数1,000名以上の会社の場合】

従業員数の少ない企業で使われているチャットツールは?

従業員数100名未満の企業に属する人に聞いたチャットツールごとの利用率では、上位から「Chatwork」4.7%、「Slack」3.9%、「LINE WORKS」3.8%が続く結果に。「Chatwork」など、従業員数の多い企業でのランキング上位ではないツールが上位に入っています。
また、全てのツールで利用率が5%未満となっており、従業員数の少ない企業のチャットツールの利用率は低いといえる現状にあるようです。

【ツール別利用率ランキング 従業員数100名未満の会社の場合】

【総論】
今回の調査では、ビジネスチャットツールの認知・利用状況に着目して調査を行いました。会社員の約4割がチャットツールを現在利用している一方で、5割の人はいずれのツールも認知していない課題があることがわかりました。
特に「LINE WORKS」「Microsoft Teams」以外の有名企業名を冠していないサービスでは、認知および利用率向上につながる差別化の一手が求められているのかもしれません。





【調査概要】モニタス『利用実態調査 ビジネスチャットツール編』
調査対象 :全国20~64歳会社員を対象としたインターネットリサーチ
調査期間 :2022年4月15日(金)
有効回答数 :2,836名 ※全国の就業人口構成比に合わせたウェイトバック集計を実施




◇本件に関するお問い合わせ先◇
株式会社モニタス 広報室
E-mail:press@monitas.co.jp

ページトップ